16.20 - 例: しきい値を指定しない統計の再収集 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

続けて入力する同じテーブルに対する次のリクエストは、Employeeテーブルのempno -nameインデックスの統計と以前収集された別の統計を、PARTITION統計も含め、まとめて更新します。

     
COLLECT STATISTICS ON employee;

次のリクエストでは、THRESHOLDオプションを指定することなく、o_orderstatusについての統計を初めて収集します。Teradata Databaseは、統計を収集し、システムはSYSTEM THRESHOLDを使用します。これは、DBSControlフィールドであるDefaultUserChangeThreshold、SysChangeThresholdOption、およびDefaultTimeThreshold、が設定されていない場合のデフォルトのしきい値です。

     COLLECT STATISTICS
     COLUMN o_orderstatus
     ON orders;