16.20 - trigger_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

作成または置換されるトリガーの名前。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。

trigger_nameは、それが作成されるデータベース内で固有であることが必要です。

database_name
トリガーが現行ユーザーのデフォルト以外のデータベースで作成されている場合のオプションの修飾子。
ENABLED
トリガーの実行を可能にするキーワード。
ENABLEDはデフォルトです。
DISABLED
トリガーの実行を不可にするキーワード。
使用不能にされたトリガーの残りの定義は除去されませんが、使用可能にしてからでなければ実行できません(ALTER TRIGGERを参照)。
BEFORE
トリガー イベントまたはトリガー文より前にトリガーを実行するように指定します。
  • BEFORE行トリガーには、トリガー対象のアクションSQL文としてデータ変更文を定義することはできません。
  • BEFORE文トリガーは、どんな場合でも無効です。
Teradata Databaseはどちらの場合もエラー メッセージを返します。
AFTER
トリガー イベントの後にトリガーが実行されます。