16.20 - 例: MERGEBLOCKRATIOオプションを指定せずに作成されたテーブルのSHOW TABLE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルの作成時にMERGEBLOCKRATIOオプションを指定しない場合、Teradata Databaseは、DEFAULT MERGEBLOCKRATIOオプションが指定されたかのように、テーブルのSQL作成テキストを返します。

例えば、emp_tableというテーブルを作成し、MERGEBLOCKRATIOオプションは指定しないとします。次に、emp_tableについてSHOW TABLEリクエストを実行します。

     SHOW TABLE emp_table;

SHOW TABLEの出力は次のようになります。

     CREATE SET TABLE emp_table, NO FALLBACK, NO BEFORE JOURNAL,
           NO AFTER JOURNAL,CHECKSUM = DEFAULT, DEFAULTMERGEBLOCKRATIO, 
           MAP = TD_MAP1 
           ( emp_no INTEGER )
     PRIMARY INDEX ( emp_no );