16.20 - FOR UDT.name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>のALTER PROCEDURE (外部形式)のトピック「非保護モードを指定するべき状況」を参照してください。

EXECUTE PROTECTED
指定のメソッドの実行モードを非保護モードから保護モードに変更します。
NOT
指定のメソッドの実行モードを保護モードから非保護モードに変更します。
COMPILE
指定のメソッドのコード ソースを再コンパイルし、オブジェクト コードを生成し、.soファイルを再作成し、それをシステムの全ノードに配布します。
既存のメソッド オブジェクトは、再コンパイルしたバージョンによって置き換えられます。
ONLY
メソッドのみを再コンパイルします。このオプションを指定すると、新しい動的リンク ライブラリはデータベース ノードに配布されません。
メソッドを別のタイプの別のプラットフォームにロードすると、そのメソッドは無効とマークされ、再コンパイルが必要になります。1つのデータベースに多数のメソッドがある場合、すべての再コンパイルに対してONLYオプションを指定すると、最後のメソッドがそのデータベースでONLYオプションなしでコンパイルされるまで、新しいライブラリの生成と配布を行なわなくて済むため、時間を短縮できます。

例: 保護モードの変更

以下のALTER METHODリクエストは、polygon_mbr()というメソッドの保護モードを保護から非保護に変更します。

    ALTER METHOD polygon_mbr() FOR SYSUDTLIB.polygon
    EXECUTE NOT PROTECTED;

例: メソッド オブジェクトの再コンパイル

以下のALTER METHODリクエストは、SYSUDTLIB.polygon_mbrという特定のメソッド オブジェクトを再コンパイルします。

    ALTER SPECIFIC METHOD SYSUDTLIB.polygon_mbr COMPILE;