16.20 - EXPORTWIDTH - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

単一引用符文字で囲まれた、このユーザーのエクスポート幅。

Teradata Databaseは、ここでNUPIとしてユーザーに割り当てられる値を使用して、Latin、Unicode、KanjiSJIS、Graphicの各文字列に対応するさまざまなエクスポート幅の定義に関するルールを定義したDBC.ExportWidthにアクセスします。DBC.ExportWidth詳細については、<Teradata Vantage™データ ディクショナリ、B035-1092> を参照してください。

export_definition_name
Teradata Databaseは、エクスポート幅定義文字列としてDEFAULTというキーワードをサポートしており、さらに以下の事前定義のエクスポート幅定義文字列をサポートしています。
  • COMPATIBILITY
  • EXPECTED
  • MAXIMUM
有効なエクスポート幅の指定の詳細については、有効なエクスポート幅の指定を参照してください。
エクスポート幅と独自のエクスポート幅テーブルを定義する方法については、<Teradata Vantage™ NewSQL Engineの国際文字セット サポート、B035-1125>も参照してください。
DEFAULT
ユーザーのEXPORTWIDTH値を指定しないか、またはキーワードDEFAULTを指定する場合、Teradata Databaseは、DBS制御Export Width Table IDパラメータによって現在指定されているエクスポート幅を使用します。Export Width Table IDは、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

例: EXPECTEDエクスポート幅テーブル名を持つ新しいユーザーの作成

この例では、EXPECTEDエクスポート幅定義を使用して定義される新しいユーザーを作成します。

     CREATE USER fc1
     FROM r_n_d AS
     PERMANENT = 1000000,
     PASSWORD = bub279,
     SPOOL = 2200000,
     FALLBACK PROTECTION,
     DUAL AFTER JOURNAL,
     DEFAULT JOURNAL TABLE = r_n_d.journals,
     DEFAULT DATABASE = r_n_d,
     STARTUP = 'EXEC setpf;'
     ACCOUNT = '$mr_n_d','$hr_n_d',
     TIME ZONE = 'Africa Egypt'
     EXPORTWIDTH = EXPECTED;