16.20 - SHOW MAP - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

SQLの等価のCREATE MAP文またはオプションでXMLを返します。

必要な権限

なし

構文規則



構文要素

map_name
表示する既存の連続マップまたはスパース マップの名前。
TD_DataDictionaryMapまたはTD_GlobalMapを表示できます。
IN XML
MAPオブジェクト定義をXML形式で返します。

連続マップのサンプル出力を次に示します。

CREATE MAP TD_Map1 
CONTIGUOUS
AMP BETWEEN <AmpNum1> AND <AmpNum20>
;
スパース マップのサンプル出力を次に示します。
CREATE MAP SmallTableMap FROM TD_Map1 SPARSE AMPCOUNT = 1; 

セキュア ゾーンとスパース マップ

スパース マップの場合は、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があります。

ゾーン ゲストは、同じセキュア ゾーンに含まれるスパース マップに対して、またはセキュア ゾーンに含まれないスパース マップに対して、SHOW MAPを使用できます。