16.20 - VARYING COLUMNS (maximum_output_columns) - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

呼び出しの前には、関数によって返される出力列の数が不明なため、maximum_output_columns列の最大数に制限します。

上限は、1つのテーブル関数につき2,048列です。

デフォルト値はありません。

例: 動的結果行指定

次の例では、変数出力列を持つextract_store_dataという名前のテーブル関数が定義されます。

関数定義の後のSELECTリクエストは、extract_store_dataを使用して入力テキスト文字列を構文解析し、店の販売データをstore_dataテーブルに抽出します。

     CREATE FUNCTION extract_store_data (
       text       VARCHAR(32000),
       from_store INTEGER)
     RETURNS TABLE VARYING COLUMNS (10)
     SPECIFIC extract_store_data
     LANGUAGE C
     NO SQL
     PARAMETER STYLE SQL
     NOT DETERMINISTIC
     EXTERNAL NAME 'SS!extract_store_data!extract_store_data.c';
     INSERT INTO store_data
     SELECT * 
     FROM (TABLE(extract_store_data('…', 1000) 
     RETURNS store_data) AS store_sales;