16.20 - SET QUERY_BAND FOR SESSION、プロキシ ユーザー、および揮発性一時テーブルとグローバル一時テーブルの削除 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SET QUERY_BAND FOR SESSIONリクエストがプロキシ ユーザーを設定、変更、または削除すると、Teradata Databaseはセッションから揮発性一時テーブルと実体化された一時テーブルもすべて削除します。実体化されたグローバル一時テーブルの場合、これによりDBC.TempTablesおよびDBC.TempStatisticsシステム テーブルがさらにロックされます。

SET QUERY_BAND FOR TRANSACTIONリクエストでプロキシ ユーザーを設定した場合、Teradata Databaseは揮発性一時テーブルおよび実体化された一時テーブルを削除しません。