16.20 - user_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

作成するユーザーの名前。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。

database_name
直接の所有者のデータベースの名前。
デフォルトは、このユーザーの現在の作成者です。
user_name
直接の所有者のユーザーの名前。
デフォルトは、このユーザーの現在の作成者です。

例: 管理ユーザーの作成

Teradataシステムのインストール直後だと仮定します。 DBAがユーザーDBCとしてログオンし、SYSADMINという管理ユーザーを作成するためにCREATE USER要求を発行します。 DBAは、ユーザーSYSADMINとしてCREATE DATABASE要求を実行依頼し、financeexecutiveengineeringmanufacturingmarketingなどの必要なデータベースを作成します。

その後、DBAはユーザーSYSADMINとしてログインしたままで、CREATE USERリクエストを使用して新しいユーザーをfinanceデータベースに追加します。

     CREATE USER marks
     FROM finance AS
     PERMANENT = 1000000,
     PASSWORD = finan1,
     SPOOL = 1200000,
     FALLBACK PROTECTION,
     DUAL AFTER JOURNAL,
     DEFAULT JOURNAL TABLE = finance.journals,
     DEFAULT DATABASE = finance,
     STARTUP = 'EXEC setpf;'
     ACCOUNT = '$mfinance','$hfinance';

ユーザーmarksの作成後、DBAはfinanceに対する権限をWITH GRANT OPTIONでmarksに付与するために、次のリクエストを実行します。

     GRANT ALL ON finance 
     TO marks 
     WITH GRANT OPTION;