16.20 - SET SESSION FOR ISOLATED LOADING - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

セッションのDML操作に対し分離ロードを有効または無効にします。

CREATE TABLE WITH ISOLATED LOADINGオプションの詳細については、WITH ISOLATED LOADINGを参照してください。

分離されたロードを使用したDML操作の実行については、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。

必要な権限

なし

構文

構文要素

FOR ISOLATED LOADING
DML操作は、ロード分離で定義されているテーブルに対して同時ロード分離操作として実行できます。これは、デフォルトです。
NO
DML操作は、WITH ISOLATED LOADINGオプションを含むDML文で明示的に上書きされない限り、同時ロード分離操作としては実行されません。
CONCURRENT
読みやすくするために含めることができるオプションのキーワード。

例: セッションに対する同時分離ロードの有効化

SET SESSION FOR ISOLATED LOADING;

例: セッションに対する同時分離ロードの無効化

SET SESSION FOR NO ISOLATED LOADING;

ANSI準拠

SET SESSION FOR ISOLATED LOADINGは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。