16.20 - CHECKSUM - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル固有のディスクI/O整合性CHECKSUMレベル。CHECKSUM設定は、基本データ行、フォールバック データ行、および結合インデックスのすべてのセカンダリ インデックス行に適用されます。

ON
ディスク ブロック全体を使用してチェックサムを計算します。チェックサムを生成するディスク ブロックのサンプル100%。ONはALLに相当します(ALLは非推奨です)。
OFF
CHECKSUMディスクI/O整合性チェックを使用不可にします。OFFはNONEに相当します(NONEは非推奨です)。
DEFAULT
デフォルト設定は、このテーブル型に指定されている現在のDBS制御のチェックサム設定です。

例: 結合インデックスにディスクI/O保全性CHECKSUMを指定する

次の例では、ディスクI/O整合性チェックサムをONに指定した結合インデックスを定義します。ord_cust_idxにセカンダリ インデックスが定義されている場合、指定のチェックサム値はセカンダリ インデックスにも適用されます。

    CREATE JOIN INDEX ord_cust_idx, CHECKSUM=ON AS
    SELECT c_nationkey, SUM(o_totalprice(FLOAT)) AS price, o_orderdate 
    FROM orders, customer 
    WHERE o_custkey = c_custkey 
    GROUP BY c_nationkey, o_orderdate
    ORDER BY o_orderdate;