16.20 - WITH ISOLATED LOADING - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロード分離(LDI)のテーブルを定義します。ロード分離では、テーブルの変更中に、コミットされた行に対する同時読み取り操作を有効にします。

次の型のテーブルは、ロード分離として定義できません。
  • 揮発テーブル
  • エラー テーブル
  • キュー テーブル
  • 一時テーブル
  • グローバル一時テーブル
  • 列パーティション テーブル
NO
テーブルを非ロード分離テーブルとして定義します。これは、この句なしでテーブルを作成するのと同じです。
CONCURRENT ISOLATED LOADING
テーブルの変更中に、コミットされた行に対する同時読み取り操作を有効にします。
FOR ALL
すべての変更を同時ロード分離にできます。
FOR INSERT
INSERT操作のみを同時ロード分離にできます。
FOR NONE
同時ロード操作は無効になります。

例: LDIテーブルの定義

このテーブルに対するすべての操作を同時ロード分離にできます。

CREATE TABLE ldi_table1, WITH CONCURRENT ISOLATED LOADING  (
		c1 INTEGER,
		c2 INTEGER,
		c3 INTEGER)
PRIMARY INDEX (c1)
INDEX (c2)
;

例: INSERT操作のみが同時ロード分離のLDIテーブルの定義

このテーブルに対するINSERT操作のみを同時ロード分離にできます。

CREATE TABLE ldi_table3, WITH ISOLATED LOADING FOR INSERT (
		c1 INTEGER,
		c2 INTEGER,
		c3 INTEGER)
PRIMARY INDEX (c1)
INDEX (c2)
;

例: すべての操作が非同時実行LDIであるLDIテーブルの定義

FOR NONE指定のため、すべての操作が非同時実行LDIです。

CREATE TABLE ldi_table3, WITH ISOLATED LOADING FOR NONE (
		c1 INTEGER,
		c2 INTEGER,
		c3 INTEGER)
PRIMARY INDEX (c1)
INDEX (c2)
;

例: 非LDIテーブルの定義

このテーブルに対するすべての操作が、非ロード分離です。これは、この句なしでテーブルを作成するのと同じです。

CREATE TABLE ldi_table3, WITH NO ISOLATED LOADING (
		c1 INTEGER,
		c2 INTEGER,
		c3 INTEGER)
PRIMARY INDEX (c1)
INDEX (c2)
;