16.20 - 例: CREATE USERリクエストを使用したデフォルトのセッション カレンダの変更 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザーのデフォルトのセッション カレンダとして別のカレンダを指定するには、ユーザーの始動文字列として、該当するSET SESSION CALENDAR SQLテキスト文字列を指定して、適切なCREATE USERリクエストまたはMODIFY USERリクエストを実行する、という方法もあります。

システム環境のデフォルトのビジネス カレンダがTeradataになっているとします。pkkという名前のユーザーを作成する以下のCREATE USERリクエストでは、pkkが新しいセッションを開始するたびに、セッション カレンダをTeradataではなくCOMPATIBLEに設定するための始動文字列を使用しています。

     CREATE USER pkk AS
     PERM=10E6,
     PASSWORD=pkk,
     SPOOL = 1200000,
     FALLBACK PROTECTION,
     STARTUP=’SET SESSION CALENDAR=COMPATIBLE’;