16.20 - EXTERNAL SECURITY - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部セキュリティ句の前に指定するキーワード。

この句はオペレーティング システムI/Oを実行する外部UDFで必須です。

外部セキュリティ句を指定しないのに、定義されているUDFがOS I/Oを実行する場合、そのI/Oの結果は予期不能です。最も考えられる結果はデータベースのクラッシュで、システム全体がクラッシュする場合もあります。

外部ルーチンの許可を作成する方法の詳細については、CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONを参照してください。

DEFINER
UDFが関連するセキュリティ許可オブジェクトのクライアント ユーザー コンテキストで実行することを指定します。このオブジェクトはこの目的のために作成されたもので、テーブル関数と同じデータベースに収められています。
  • 許可名を指定する場合は、テーブル関数を呼び出す前にその名前で許可オブジェクトを定義する必要があります。
  • 許可名を指定しない場合は、デフォルトのDEFINER許可オブジェクトを定義する必要があります。
デフォルトの許可オブジェクトは、ユーザーがテーブル関数を実行する前に定義しておく必要があります。
指定された許可名がUDFの作成時に存在しない場合は、許可名が存在しないことを示す警告がTeradata Databaseにより報告されます。
それでもテーブル関数を実行しようとすると、リクエストはアボートし、Teradata Databaseは要求元にエラーを返します。
authorization_name
オプションの許可名。
データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。
指定した許可オブジェクトはあらかじめ定義しておく必要があります。定義されていない場合システムはエラーを報告します。詳細については、CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONを参照してください。
INVOKER
この目的で存在するデフォルトの許可オブジェクトに関連したOSユーザー コンテキストでテーブル関数が実行されることを指定します。
CREATE AUTHORIZATIONおよびREPLACE AUTHORIZATIONを参照してください。