16.20 - 例: クエリー バンドのUPDATEの例 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例は、クエリー バンドのUPDATEオプションの指定方法および使用方法を示します。

この例では、name:valueのペア(city:san diegoおよびstate:california)を追加するためにUPDATEオプションを使用します。

     SET QUERY_BAND = 'city=san diego;' UPDATE FOR SESSION;
     GETQUERYBAND()
     -----------------------------------------------------------------
     =S> city=san diego;
     SET QUERY_BAND = 'state=california;' UPDATE FOR SESSION;
     GETQUERYBAND()
     -----------------------------------------------------------------
     =S> state=california;city=san diego;

この例は、name:valueのペアの値をcity:san diegoからcity:fresnoに変更するために、UPDATEを使用します。

     SET QUERY_BAND = 'city=Fresno;' UPDATE FOR SESSION;
     GETQUERYBAND()
     -----------------------------------------------------------------
     =S> 'city=Fresno;state=california;

この例は、UPDATEオプションを指定せずにクエリー バンド全体を置き換えます。

     SET QUERY_BAND = 'ID=k31293; Job=payroll;' FOR SESSION;
     GETQUERYBAND()
     -----------------------------------------------------------------
     =S> ID=k31293;Job=payroll;