16.20 - procedure_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部プロシージャの呼び出し名。

名前にマルチバイト文字を含むオブジェクトがデータベースのUDFライブラリにある場合、新規オブジェクト名に1バイト文字のみが含まれる場合でも、シングルバイトのセッション文字セットを使用して、新たなUDF、UDT、メソッド、またはJavaストアド プロシージャのオブジェクトを作成することはできません。作成しようとすると、Teradata Databaseはそのリクエストをアボートし、要求元にエラーを返します。代わりにマルチバイトのセッション文字セットを使用します。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。

プロシージャ名は、すべての外部プロシージャで必須です。

external_procedure_nameを指定しない場合、procedure_nameはC、C++、またはJavaのプロシージャ名のスペルと大文字小文字の区別を正確に一致させる必要があります。これは、プロシージャの定義のみで、プロシージャの使用には当てはまりません。

database_name
デフォルト以外のデータベースでプロシージャを作成または置換する場合に指定する、オプションのデータベース名。
データベース名を指定しない場合、Teradata Databaseでは現行データベース内でプロシージャを作成または置換します。
user_name
デフォルト以外のユーザーでプロシージャを作成または置換する場合に指定する、オプションのユーザー名。
ユーザー名を指定しない場合、Teradata Databaseでは現在のユーザー内でプロシージャを作成または置換します。