16.20 - プール型セッション用クエリー バンド - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

プール済みセッションでは、中間層アプリケーションは、データベース ユーザーとしてTeradata Databaseにログオンして接続プールを確立します。アプリケーションには、単一のデータベース権限のセットがあります。アプリケーションのすべてのエンド ユーザーには、アプリケーションのIDとデータベース権限があるものとします。

クエリー バンドは、次の目的に使用できます。
  • 使用しなければ、Teradata Databaseにすべてアプリケーション ユーザーとして表示されるエンド ユーザーを特定します。
  • ジョブ番号、アプリケーション、レポートの種類などのリソース アカウンティング情報を記録します。
  • クエリー バンドをワークロード管理ルールの基準として使用して、セッション レベルまたはリクエスト レベルのアクセス優先順位を決定します。