16.20 - SHOW object - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

テーブル、マクロおよびビューに対して、DBC.TVM.RequestTextから元の作成テキストのSQLデータ定義テキストを表示します。

統計情報の表示については、SHOW STATISTICSを参照してください。

必要な権限

SHOWリクエストを、指定するオブジェクトに対して実行するには次の権限が必要です。

SHOW ERROR TABLE FOR、SHOW FUNCTION、SHOW HASH INDEX、SHOW JOIN INDEX、SHOW MACRO、SHOW PROCEDURE、SHOW TABLE、またはSHOW VIEWを使用するためには、次のいずれかの権限を持っている必要があります。
  • ユーザー定義関数、ハッシュ インデックス、結合インデックス、マクロ、SQLプロシージャ、GLOPセット、テーブル、またはビューに対する権限、あるいはそれが入っているデータベースに対する権限。
  • DBC.TVM表に対する1つ以上の権限。
  • SQL関数に対するSHOW FUNCTIONでは、関数または関数が含まれるデータベースに対する任意の権限またはDBC.TVM tableに対するSELECT権限が必要です。

SHOW FUNCTIONを使用して外部UDFのCソース コード テキストを表示するには、関数に対するDROP権限も必要です。この権限がない場合は、CREATE FUNCTIONテキストの表示しか行なえません。

SQL UDFのSQLソース コード テキストを表示するには、関数に対するDROP権限は必要ありません。

SHOW CAST、SHOW TYPE、SHOW METHOD、またはSHOW SPECIFIC METHODを使用するには、以下の1つまたは複数の権限が必要です。
  • SYSUDTLIBデータベースに対する少なくとも1つの権限。
  • UDTに対するUDTUSAGE権限。
  • DBC.TVM表に対するSELECT権限。

SHOW CONSTRAINTを使用するには、CONSTRAINT DEFINITIONまたはCONSTRAINT ASSIGNMENT権限が必要です。

SHOW AUTHORIZATIONを使用するには、許可オブジェクトに対するDROP AUTHORIZATION権限が必要です。

SHOW権限を使用すると、ユーザーはHELPまたはSHOWリクエストを、指定されたデータベース オブジェクトに対してのみ実行できるようになります。

構文