16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

コロケーション オプション指定なしでのハッシュ インデックスからスパース マップへの変更

スパース マップを使うためにCOLOCATE USING句を指定せずにハッシュイ ンデックスを変更し、そのハッシュ インデックスに以前スパース マップが使用されていた場合、コロケーション名は変わりません。それ以外の場合、コロケーション名はdatabase_indexのデフォルト名となり、ここでdatabaseはデータベースまたはユーザの名前で下線(_)が続き、indexはハッシュ インデックスの名前です。databaseが63文字を超える場合、databaseは63文字に切り捨てられます。indexが64文字を超える場合、indexは64文字に切り捨てられます。

ハッシュ インデックス操作中のロック

新しいマップへのコピー中に、読み取りロックはハッシュ インデックスに配置されます。DBC.TVMの更新中にロックは排他ロックにアップグレードされトランザクションがコミットされます。

インデックスとテーブル マップの変更操作

テーブルのセカンダリ インデックスは、新しいマップを使用して移動または再構築されます。

基本テーブルを新しいマップに移動するとき、基本テーブルのハッシュ インデックスは移動されません。ALTER HASH INDEXを使用する必要があります。

セキュア ゾーンとスパース マップ

スパース マップの場合は、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があります。