16.20 - SPECIFIC FUNCTION - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
function_name
source_data_typetarget_data_typeに変換するために使用する外部UDFの特定名。specific_function_nameは固有の関数を指定する必要があります。
CREATE CASTまたはREPLACE CASTリクエストからSQL UDFを呼び出すことはできません。
関数名に一式のデータ型を指定しない場合、指定した関数はデータベース内でその名前を持つ唯一の外部UDFでなければなりません。
指定された関数は、次の条件を満たしていなければなりません。
  • 指定可能なパラメータは1つのみ。

    そのパラメータのデータ型はsource_data_typeのものと同じである。

  • その結果のデータ型はtarget_data_typeのものと同じである。
  • 確定的(DETERMINISTIC)として定義される。
  • その関数名は、SYSUDTLIBデータベース内の外部UDFを識別する必要があります。

例: UDFを使用したソース データのキャスト

次のCREATE CASTリクエストは、VarcharTocircleという特定関数名を持つUDTを使用して、ソースのデータ型VARCHAR(32)からターゲットのデータ型circleへの変換を行なうキャスト操作を作成します。

     CREATE CAST (VARCHAR(32) AS circle)
     WITH SPECIFIC FUNCTION SYSUDTLIB.VarcharTocircle