16.20 - CREATE MAP - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

スパース マップを作成します。

スパース マップは、小さなテーブル、結合インデックス、およびハッシュ インデックスを対象としています。同じAMP上のテーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスを併置できます。同じスパース マップとコロケーション名を持つテーブルは、行を再配置または複製せずに、同じプライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス列を使用して結合できます。例えば、2つのテーブルを併置してから、プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス列のテーブルを結合することができます。CREATE TABLE MAPオプション、ALTER TABLEマップとコロケーション、CREATE JOIN INDEX MAPオプション、およびCREATE HASH INDEX MAPオプションを参照してください。

テーブル演算子がSELECT文のFROM句に含まれている場合は、テーブル演算子のスパース マップを指定することもできます。<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>の「テーブル演算子」を参照してください。

必要な権限

CREATE MAP権限が必要です。この文で指定する連続マップが付与されている必要があります。<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>の「GRANT MAP」を参照してください。

自動的に付与される権限

マップ作成者には、作成者がユーザー、PUBLIC、およびロールに生成されたスパース マップを許可または取り消すことができる、WITH GRANT OPTIONを持つマップが付与されます。

構文規則



構文要素

sparse_map_name
スパース マップの名前。
既存のマップまたはTD_で始まる名前を指定することはできません。
ベスト プラクティスとして、例えばOneAMPMapやSmallTable_Mapなどの名前に"map"を含めます。
FROM contiguous_map_name
スパース マップの親となる連続マップの名前。既存の連続したマップの名前を指定する必要があります。
TD_DataDictonaryMapまたはTD_GlobalMapを指定することはできません。
SPARSE
マップがスパース マップであることを示すために必要なキーワード。
AMPCOUNT = n
マップのAMP数を指定します。nは、1から親の連続したマップのAMP数までの値で、最大1024です。

この文は、小さなテーブル用の4-AMPスパース マップを作成します。

CREATE MAP Small_Table_Map FROM TD_Map1 SPARSE AMPCOUNT=4;

使用上の注意

スパース マップは、作成者のセキュア ゾーンに固有のものです。

CREATE MAP文を使用して、連続したマップを作成することはできません。