16.20 - ALTER TABLEマップとコロケーション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

テーブルを別のマップに移動します。また、スパース マップのコロケーション名を変更することもできます。

同じスパース マップとコロケーション名を持つテーブルは、行を再配置または複製せずに、同じプライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス列を使用して結合できます。例えば、2つのテーブルを併置してから、プライマリ インデックスまたはプライマリAMPインデックス列のテーブルを結合することができます。

またTDMapsシステムデータベースで提供されるSQLプロシージャを使用して、テーブルをマップから別のマップに移動できます。<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>の「マップを使用したAMP間でのテーブル データの配置」を参照してください。

必要な権限

テーブルのDROP TABLE権限が必要で、指定したマップがテーブルの現在のマップである場合または次の優先順位に従ってデフォルト マップとして決定されたのと同じマップを指定した場合を除き、指定したマップが付与されている必要があります。
  • 直接所有者が作成者でない場合:
    • 直接所有者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • 直接所有者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
    • システムデフォルト マップ。
  • 作成者のプロファイルのデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • 作成者のデフォルト マップ(定義されている場合)。
  • システムデフォルト マップ。

CREATE USER DEFAULT MAPオプション、CREATE DATABASE DEFAULT MAPオプション、またはCREATE PROFILE DEFAULT MAPオプションを参照してください。

<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>の「GRANT MAP」を参照してください。

構文 - ALTER TABLEマップとコロケーション