16.20 - ハッシュ インデックス - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
hash_index_name
最新のSQL作成テキストが報告されるハッシュ インデックスの名前。

例: SHOW HASH INDEX

この例では次のCREATE HASH INDEX文を使用してord_cust_hidxを作成します。

     CREATE HASH INDEX ord_cust_hidx
     (o_date) ON orders
     BY (o_date)
     
     ORDER BY VALUES;
SHOW HASH INDEXレポートは、CREATE HASH INDEX DDLのテキストと次の点で異なっています。
  • すべての名前が修飾されている
  • フォールバック保護とチェックサム オプションの表示
  • マップの割り当て

CREATE HASH INDEX DDLでBYまたはORDER句を指定しないと、これらの句のデフォルト値は報告されません。

SHOW HASH INDEX ord_cust_hidx;
 *** Text of DDL statement returned. 
 *** Total elapsed time was 1 second.
     ------------------------------------------------------------
CREATE HASH INDEX YourDB.ord_cust_hidx ,NO FALLBACK ,CHECKSUM = DEFAULT, 
MAP = TD_MAP1
(o_date )
 ON YourDB.orders 
 BY (o_date )
 ORDER BY VALUES
;

例: XML形式のSHOW HASH INDEX

スパース マップを使用するようにハッシュ インデックスを変更すると仮定します。

     ALTER HASH INDEX ord_cust_hidx, MAP=SmallTableMap;

この例では、ハッシュ インデックスord_cust_hidxの作成テキストをXML形式で返します。

     SHOW IN XML HASH INDEX ord_cust_hidx;

生成されたXML文書は、ハッシュ インデックスを再作成するために必要なすべての情報を報告します。

     <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="no" ?><TeradataDBObjectSet version="1.0" xmlns="http://schemas.teradata.com/dbobject" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://schemas.teradata.com/dbobject http://schemas.teradata.com/dbobject/DBObject.xsd">
<HashIndex baseDBName="YourDB" baseTableName="orders" checkSumLevel="Default" colocateName="YourDB_ord_cust_hidx" dbName="YourDB" fallback="false" map="SmallTableMap" map_kind="sparse" name="ord_cust_hidx" objId="0:3655" objVer="2"><IndexColumnList><Column name="o_date" order="1"/></IndexColumnList><DistributeColumnList><Column name="o_date" order="1"/></DistributeColumnList><OrderBy mode="Value"/>
<SQLText><![CDATA[CREATE HASH INDEX YourDB.ord_cust_hidx ,NO FALLBACK 
,CHECKSUM = DEFAULT, 
MAP = SmallTableMap COLOCATE USING YourDB_ord_cust_hidx
(o_date )
 ON YourDB.orders 
 BY (o_date )
 ORDER BY VALUES
;]]></SQLText></HashIndex><Environment><Server dbRelease="16.10" dbVersion="16.10" hostName="localhost"/><User userId="00000704" userName="User"/><Session charset="UTF8" dateTime="2017-03-24T17:22:48"/></Environment></TeradataDBObjectSet>