16.20 - SET SESSION CONSTRAINTに対するNULLオプションの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SET SESSION CONSTRAINTのNULLオプションの目的は、セッションのアクティブなロールがリクエストによって削除される、SET ROLEのNULLオプションと似ています。

セッションを、1つの制約に関して、1つ以上の制約名ではなくNULLに設定する場合、割り当てられる制約セットが、このセッションに現在割り当てられている必要があります。ユーザーにOVERRIDE権限がない場合、エラーが返されます。制約UDFは、データ行からのnullは許可できますが、ユーザー セッションからは許可できません。