16.20 - PARAMETER STYLE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル関数にパラメータを渡すときに使用するパラメータの受け渡し表記。

指定するパラメータ形式は、外部関数のパラメータを渡すための表記と一致していなければなりません。

この句は、SQLテーブル関数に対してオプションで、関数定義ごとに1回だけ指定できます。この句は、Javaテーブル関数に対して必須です。

この時点でパラメータ形式を指定しない場合は、パラメータ形式を外部本体の参照と共に指定できます。

同じCREATE/REPLACE FUNCTIONリクエストで複数のパラメータ形式を指定することはできません。

テーブル関数を使用して、行レベル セキュリティをセキュリティ制約に適用することはできません。

UDFパラメータ形式の詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>の「CREATE FUNCTION(表形式)」を参照してください。

SQL
標識変数を使用して引数を渡します。
その結果、NULLを入力として渡して結果として返すことが常に可能になります。
SQLがデフォルトのパラメータ形式です。
JAVA
すべてのJavaテーブル関数で必須です。
Java関数がNULL引数を受け入れる必要がある場合、EXTERNAL NAME句にはパラメータのリストを含め、Javaオブジェクトにマップするデータ型を指定する必要があります。
SQLTABLE
関数がテーブル演算子であり、すべての外部言語でサポートされることを示します。SQLTABLEは、入力および出力データを行の集まりに対する行反復子としてモデル化します。このパラメータ形式で定義された関数は、TABLEを入力パラメータ型としてのみ受け取ることができます。詳細については、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>の「C/C++ユーザー定義関数」および「Javaユーザー定義関数」の「テーブル演算子」を参照してください。