16.20 - AS ASSIGNMENT - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
次の両方の記述が当てはまる場合、割り当て操作時に指定されたキャスト ルーチンを暗黙的に呼び出すことを指定します。
  • 割り当てのソースのデータ型と、キャスト結果のソースのデータ型との間に互換性がある。
  • ターゲットのデータ型が同じである。
割り当て操作は次の操作のいずれかに定義されることにご注意ください。
  • INSERT
  • UPDATE
  • パラメータの受渡し

DisableImplCastForSysFuncOp DBS制御パラメータを使用して、この機能を無効にできます。

AS ASSIGNMENTフラグの値を反映してUDTCastディクショナリが更新されるので、REPLACE CAST文を実行する際は十分注意してください。

例: 割り当て操作を使用したVARCHARとしてのソース データのキャスト

次のCREATE CASTリクエストは、euroString.というメソッドを使用して、ソースのデータ型euroからターゲットのデータ型VARCHAR(20)への変換を行なうキャスト操作を作成します。

キャスト ルーチンは、割り当ての必須条件が満たされた場合に割り当て操作時に暗黙的に呼び出されるように定義されます。

     CREATE CAST (euro AS VARCHAR(20))
     WITH METHOD SYSUDTLIB.euroString( ) FOR euro
     AS ASSIGNMENT