16.20 - 使用上の注意 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ユーザー、データベース、またはプロファイルのDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプション

指定したマップが存在しない場合、自分に付与されていない場合、同じセキュア ゾーンにない場合、または使用できない場合は、指定したマップの代わりにデフォルト マップが使用されていることがメッセージに示されます。ユーザー、データベース、またはプロファイルにDEFAULT MAP OVERRIDE ON ERRORオプションが指定されていない場合、これはデフォルトの動作です。ユーザー、データベース、またはプロファイルにDEFAULT MAP OVERRIDE NOT ON ERRORオプションが指定されている場合にのみエラーが発生します。

CREATE USER DEFAULT MAPオプション、CREATE DATABASE DEFAULT MAPオプション、またはCREATE PROFILE DEFAULT MAPオプションを参照してください。

関数で使用されるマップ(テーブル形式)

マップは、優先順位に従って示される次のいずれかです。
  • テーブル演算子を実行するSELECT文のFROM句に含まれるEXECUTE MAPオプションによって指定される場合、マップ。 詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>を参照してください。
  • CREATE FUNCTION文の一部としてEXECUTE MAPオプションにより指定される場合、マップ。
  • ユーザーのデフォルト連続マップ。

セキュア ゾーンとスパース マップ

スパース マップの場合は、スパース マップと同じセキュア ゾーンにある必要があります。