16.20 - DEFAULT DATABASE = database_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

このプロファイルを持つユーザーがTeradata Databaseにログオンするたびに設定されるデフォルト データベースの名前。

database_nameは、既存のデータベースである必要があります。このプロファイルを持つユーザーが、存在していないデータベース内のオブジェクトを作成したり参照しようとすると、システムはエラーを返します。

デフォルトのデータベースがNULLか、ユーザーに割り当てられているプロファイルで定義されていない場合、Teradata Databaseは、個々のユーザーに定義された設定を使用します。プロファイルまたはユーザーにデフォルトのデータベースが指定されていない場合、システムはユーザー名をデフォルトのデータベースとして使用します。

ユーザーはSET SESSION DATABASEを使用して、代替のデフォルト データベースを指定することもできます。

例: デフォルト データベースを定義するプロファイルの作成

次のリクエストは、デフォルト データベースがpersonnelになるように定義する、human_resourcesという名前のプロファイルを作成します。

    CREATE PROFILE human_resources AS 
      DEFAULT DATABASE = personnel;

次のリクエストは、新規ユーザーにhuman_resourcesプロファイルを割り当てます。

    CREATE USER marks AS 
      PROFILE = human_resources;