16.20 - FALLBACK - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブルに対する二重コピー保護。

FALLBACKを指定すると、Teradata Databaseはテーブル内の行の二重コピーを作成して格納します。

このオプションのデフォルトは、テーブルの作成先であるデータベースのCREATE DATABASE、CREATE USER、MODIFY DATABASE、またはMODIFY USERリクエストによって設定されます。

ハードウェア読み取りエラーが発生した場合は、ファイル システムがデータのフォールバック コピーを読み取り、ホームAMPのメモリの行を再構成します。フォールバックからの読み取りに対するサポートは、次の場合に制限されます。

  • 不良データ ブロックのデータへの修正を試行しないリクエスト。
  • プライマリ サブテーブル データ ブロック。
  • 基本データの代わりのフォールバック データの読み取り。場合により、アクティブ フォールバックは基本データの損傷を動的に修復できます。不良データ ブロックを修復できない状況では、読み取りエラーが発生するたびに、「フォールバックからの読み取り」機能により、破壊された行のエラーフリーのフォールバックコピーに置き換わります。
NO
テーブルには二重コピー保護は用意されていません。
フォールバック用に最適化されたプラットフォームでは、NO FALLBACKのオプションとNO FALLBACKのデフォルトは使用できません。
PROTECTION
FALLBACKキーワードの後に指定可能なオプションのキーワード。