16.20 - CREATE ZONE - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

Teradataセキュア ゾーンを定義します。既存のデータベースまたはユーザーをゾーンのrootとして指定することもできます。

セキュア ゾーンは、許可されない外部ユーザーがゾーン内のデータとオブジェクトにアクセスできないように制限する保護領域です。

ゾーンのrootは、ゾーンが作成されるデータベースまたはユーザーです。セキュア ゾーンを作成し、rootとしてデータベースまたはユーザーを関連付けます。ゾーンのrootとしてデータベースまたはユーザーを割り当てる前に、データベースまたはユーザーにオブジェクト、ユーザー、データベース、ロール、またはプロファイルが含まれていてはなりません。

ゲストをゾーンに追加する詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>の「GRANT ZONE」を参照してください。

プライマリ データベース管理者をゾーンに割り当てる詳細については、<Teradata Vantage™ NewSQL Engineセキュリティ管理ガイド、B035-1100>の「Teradataセキュア ゾーンの実装」を参照してください。

必要な権限

セキュア ゾーンを作成するには、CREATE ZONE権限が必要です。

ユーザーをルートとして定義するには、ゾーン作成者はルートになるユーザーに対するDROP USER権限が必要です。

データベースをルートとして定義するには、ゾーン作成者はルートとなるデータベースに対するCREATE USER権限が必要です。

構文