16.20 - 例: UDTに対する変換グループの設定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

この文は、ラテン文字セットを持つJSONデータ型をTD_JSON_VARCHAR変換に設定します。

SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE JSON CHARACTER SET LATIN TD_JSON_VARCHAR;

この文は、BSONストレージ形式のJSONデータ型をTD_JSON_VARCHAR変換に設定します。

SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE JSON STORAGE FORMAT BSON TD_JSON_VARCHAR;

この文は、ST_GEOMETRYデータ型をTD_GEO_VARCHAR変換に設定します。

SET TRANSFORM GROUP FOR TYPE ST_GEOMETRY TD_GEO_VARCHAR;

次の文は、BSONデータ型である列c1にTD_JSON_VARCHAR変換を使用し、列c2にTD_GEO_VARCHAR変換を使用します。

SELECT NEW JSON('{}', BSON) AS c1, NEW ST_GEOMETRY('POINT(1 1)') AS c2;