16.20 - SET SESSION DEBUG FUNCTION - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

関数、メソッド、またはストアド プロシージャが次回呼び出されるときにデバッグ モードで実行するUDF、UDM、またはストアド プロシージャを識別します。

詳細は、CREATE PROCEDURE(外部形式)のEXTERNAL NAME external_string_literal、CREATE FUNCTION(外部形式)のEXTERNAL NAME external_string_literal、CREATE METHODのEXTERNAL、および<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>の「UDFに対するC/C++のコマンド ライン デバッグ」を参照してください。

必要な権限

デバッグする関数またはストアド プロシージャに対するEXECUTE FUNCTION権限およびDROP FUNCTION権限が必要です。

デバッグするメソッドにUDTMETHODおよびUDTUSAGE権限が必要です。

構文



構文要素

DEBUG FUNCTION
関数名の前に指定するキーワード。
DEBUG PROCEDURE
ストアド プロシージャ名の前に付けるキーワード。
DEBUG METHOD
メソッド名の前に付けるキーワード。
database_name
データベースの名前(現在のデータベース以外の場合)。
user_name
ユーザーの名前(現在のユーザー以外の場合)。
function_name
デバッグする関数の名前。
procedure_name
デバッグするストアド プロシージャの名前。
method_name
デバッグするメソッドの名前。
ON
デバッグをオンに設定します。
OFF
デバッグをオフに設定します。

例: セッションに対するデバッグの有効化

SET SESSION DEBUG FUNCTION  function_name  ON;

例: セッションに対するデバッグの無効化

SET SESSION DEBUG FUNCTION  function_name  OFF;

ANSI準拠

SET SESSION DEBUG FUNCTIONは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

使用上の注意

一度にデバッグできる関数は、セッションごとに1つのみです。ある関数に対してデバッグをオンに設定すると、次のいずれかが発生するまでデバッグは有効なままです。
  • その関数に対するデバッグがオフにされた。
  • その後のSET SESSION DEBUG FUNCTION文で、デバッグが別の関数に対してオンにされた。
  • そのセッションが終了した。

ある関数に対してデバッグをオンに設定し、ある問合わせでその関数が呼び出されると、その関数はデバッガーに渡されます。デバッガーがアクティブでない場合、その問合わせは、デバッガーが開始され、その問合わせを実行するセッションに接続し、デバッグされる関数のすべてのインスタンスの完了を可能にするまで完了できません。