16.20 - parameter_name - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL関数に渡す変数の、UDTを含む括弧に入れたカンマ区切りのデータ型、およびパラメータ名のリスト。同じ名前の複数の関数を区別するためにデータ型が必要になります。

データベース オブジェクトの命名ルールについては、<Teradata Vantage™ SQL基礎、B035-1141>を参照してください。

SQL UDFが受け入れる最大パラメータ数は128です。

関数に渡すパラメータがない場合でも、右括弧と左括弧を指定する必要があります。

パラメータ名はSQL UDF定義内で固有でなければなりません。

パラメータ名を1つ指定する場合は、関数に渡すすべてのパラメータの名前を指定する必要があります。

data type
各パラメータに関連付けられたデータ型は、パラメータまたは戻り値の型です。VARIANT_TYPEとTD_ANYTYPEを除くTeradata Databaseのすべてのデータ型が有効です。文字データは、CHARACTER SET句も指定できます。
パラメータにCHARACTER SETを指定できますが、SQL UDF引数の呼び出し側のCHARACTER SETは、Teradata DatabaseがSQL UDFの処理に使用するCHARACTER SETです。
文字サーバー データ セットとしてKANJI1を指定することはできません。指定した場合、Teradata Databaseは要求元にエラーを返します。
BYTE、CHARACTER、DECIMAL、VARCHARなど、長さやサイズを指定するデータ型では、パラメータのサイズが、渡すことのできる最大バイト数になります。