16.20 - CHECKSUM - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 構文規則および例

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1144-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

テーブル固有のディスクI/O整合性CHECKSUMレベル。CHECKSUM設定は、ハッシュ インデックスの基本行とフォールバック データ行とに適用されます。

値を指定しない場合、システムはシステム全体のデフォルト値をこのテーブル型に想定します。その結果は、DEFAULTを指定した場合と同じになります。このテーブルのCHECKSUMをシステム全体のデフォルト値に変更する場合、DEFAULTを指定してください。

HIGH、MEDIUM、LOWの設定は推奨されていません。また、ONの指定と同じになります。
ON
ディスク ブロック全体を使用してチェックサムを計算します。チェックサムを生成するディスク ブロックのサンプル100%。ONはALLに相当します(ALLは非推奨です)。
DEFAULT
デフォルト設定は、このテーブル型に指定されている現在のDBS制御のチェックサム設定です。
OFF
CHECKSUMディスクI/O整合性チェックを使用不可にします。OFFはNONEに相当します(NONEは非推奨です)。

例: チェックサムを含むハッシュ インデックス

次のハッシュ インデックスは、ディスクI/OのチェックサムをONにして作成されています。
     CREATE HASH INDEX line_hidx_6, CHECKSUM=ON 
       (l.shipdate) ON lineitem
     BY (l_shipdate)
     ORDER BY VALUES;
これは次の結合インデックスと構造が同等のインデックスを作成します。
     CREATE JOIN INDEX line_jidx_6, CHECKSUM=ON AS
      SELECT (l_orderkey), (l_shipdate, lineitem.ROWID) 
      FROM lineitem
      ORDER BY l_orderkey
     PRIMARY INDEX (l_shipdate);