16.20 - 述部に関与するDEFAULT関数の制限事項 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

DEFAULT関数は、列のデフォルト値を返します。これには、 列名を指定する形式と、列名を省略する形式があります。述部は、両方の形式のDEFAULT関数をサポートしていますが、DEFAULT関数が列名を省略した場合は、次の条件がTRUEになります。

  • 述部が比較演算子を使用している。
  • 比較には、単一の列参照のみを含めることができる。
  • DEFAUL関数が式の一部ではない。

例えば、次の文はDEFAULT関数を使用してDept_No列の値とDept_No列のデフォルト値を比較しています。比較操作には、単一の列参照が含まれるため、列名が省略されていても、Teradata DatabaseはDEFAULT関数の列の文脈を派生できます。

   SELECT * FROM Employee WHERE Dept_No < DEFAULT;

DEFAULT関数がNULLと評価されると、述部は不明になり、WHERE条件はFALSEになります。