16.20 - インデックスの条件としてのRANDOMの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

RANDOM関数は選択された行ごとに評価されるため、インデックス列の条件としてRANDOM関数が組み込まれると、結果として全AMP操作になります。

例えば、次のテーブル定義の場合を考えてみましょう。

   CREATE TABLE t1
      (c1 INTEGER
      ,c2 VARCHAR(9))
   PRIMARY INDEX ( c1 );

次のSELECT文は、結果として全AMP操作になります。

   SELECT * 
   FROM t1 
   WHERE c1 = RANDOM(1,12);