16.20 - IN/NOT IN、NOT、およびANY/ALL/SOMEの使用に相当するもの - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルに、ANY/ALL/SOME数量詞に相当するものを示します。ここでopはINまたはNOT INを表わします。

使用法 等価である式
NOT (x op ALL (:a, :b, :c)) x NOT op ANY (:a, :b, :c)
x NOT op SOME (:a, :b, :c)
NOT (x op ANY (:a, :b, :c)) x NOT op ALL (:a, :b, :c)
NOT (x op SOME (:a, :b, :c))
NOT (x op (:a, :b, :c)) x NOT op (:a, :b, :c)

相当するものとして示しているものの中で、opがNOT INの場合は、NOT opはINであり、NOT NOT INではありません。

以下に例を示します。

等価である式
NOT (x IN ANY (:a, :b, :c)) x NOT IN ALL (:a, :b, :c)
NOT (x IN ALL (:a, :b, :c)) x NOT IN ANY (:a, :b, :c)
NOT (x NOT IN ANY (:a, :b, :c)) x IN ALL (:a, :b, :c)
NOT (x NOT IN ALL (:a, :b, :c)) x IN ANY (:a, :b, :c)
NOT (x IN (:a, :b, :c)) x NOT IN (:a, :b, :c)
NOT (x NOT IN (:a, :b, :c)) x IN (:a, :b, :c)

構文2: expression INおよびNOT IN subquery

このINおよびNOT INの構文は、次のいずれかの形式です。