16.20 - セッション ログオンがディレクトリ ベースである - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

セッション ログオンがディレクトリ ベースである場合は、次のテーブルを参照してください。

セッション 結果値
ディレクトリ管理ロールのセットが割り当てられていて、現行ロールを変更しない場合 'EXTERNAL'
SET ROLE EXTERNAL文を使用する場合
  • ディレクトリ管理ロールのセットが割り当てられていない、
  • デフォルト データベース管理ロールを持つ永続ユーザーにマップされる、かつ
  • 現行ロールを変更しない場合
永続ユーザーのデフォルト ロールの名前
SET ROLE role_name文を使用する場合(role_nameはディレクトリ管理ロールまたはデータベース管理ロール) 指定したロールの名前
SET ROLE ALL文を使用する場合 'ALL'
  • ディレクトリ管理ロールのセットが割り当てられていない、
  • 現行ロールを変更しない、および次のいずれかの条件が真である

    ディレクトリ ベース ログオンが永続ユーザーにマップされない

    ディレクトリ ベース ログオンがマップされる永続ユーザーにデフォルト データベース管理ロールがない

NULL
SET ROLE NONE文を使用する場合
SET ROLE NULL文を使用する場合