例: ROTATELEFT関数で入力引数64を問合わせる - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditaval
dita:id
kby1472250656485
Product Category
Software
Teradata Vantage

次の問合わせの入力引数64は、データ型がBYTEINTであり、バイナリ表現は01000000になります。この値が、左方向に3ビット回転されると、結果のバイナリは00000010になります。この値を、BYTEINT値に変換すると2になります。問合わせは、この値を返します。

   SELECT ROTATELEFT(64,3);