16.20 - 例: 特定の条件下でのデフォルト値の挿入 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のEmployeeテーブル定義を考えます。

   CREATE TABLE Employee
      (Emp_ID      INTEGER
      ,Last_Name   VARCHAR(30)
      ,First_Name  VARCHAR(30)
      ,Dept_No     INTEGER DEFAULT 99
   );

例えば、次の式では、入力された値が負の場合に、Dept_No列にデフォルト値を挿入するためにDEFAULT関数を使用しています。

   USING (id INTEGER, n1 VARCHAR(30), n2 VARCHAR(30), dept INTEGER)
   INSERT INTO Employee VALUES
      (:id
      ,:n1
      ,:n2
      ,CASE WHEN (:dept < 0) THEN DEFAULT(Dept_No) ELSE :dept END
   );