16.20 - 例: KanjiShift JISクライアント文字セットの例の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルはKanjiShift-JISクライアント文字セットの例を示します。ここでctable1は、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>の「例: SELECT文の順序がデータ型に及ぼす影響」で定義されるテーブルです。

c1の内容 問合わせ 戻り値
mnABC X SELECT SUBSTR(c1, 6, 1) FROM ctable1; X
SELECT SUBSTR(c1,4) FROM ctable1; BC X