ルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine - WIDTH BUCKETのルール。

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage
WIDTH_BUCKETには次のルールが適用されます。
  • いずれかの引数がNULLの場合、結果もNULLになります。
  • partition_count <=0、またはpartition_count > 2147483646の場合、リクエスト元にエラーが戻されます。
  • lower_bound = upper_boundの場合、リクエスト元にエラーが戻されます。
  • lower_bound < upper_boundの場合、以下の表のルールが適用されます。
条件 結果
value_expression < lower_bound 0
value_expression >= upper_bound partition_count +1。

結果に指定されたデータ型では結果を表現できない場合、エラーが戻されます。

その他 以下の式以下になる最大の正確な数値。位取りは0です。


  • lower_bound > upper_boundの場合、以下のテーブルのルールが適用されます。
条件 結果
value_expression > lower_bound 0
value_expression <= upper_bound partition_count +1。

結果に指定されたデータ型では結果を表現できない場合、エラーが戻されます。

その他 以下の式以下になる最小の正確な数値。位取りは0です。