16.20 - 例: CASESPECIFIC属性を持つテーブル定義の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブル定義を考えます。ここでは文字の列はCASESPECIFIC属性を持ちます。

   CREATE TABLE employee
     (last_name CHAR(32) CASESPECIFIC
     ,city      CHAR(32) CASESPECIFIC
     ,emp_id    CHAR(9)  CASESPECIFIC
     ,emp_ssn   CHAR(9)  CASESPECIFIC);

大文字小文字の区別を無視した比較を実行するには、次のようにします。

   SELECT emp_id
   FROM employee
   WHERE UPPER(emp_id) = UPPER(emp_ssn);

文字列定数と比較するには、次のようにします。

   SELECT emp_id
   FROM employee
   WHERE UPPER(city) = 'MINNEAPOLIS';

Teradata SQLには、大文字小文字を無視した比較を実行するためのNOT CASESPECIFICというデータ型属性がありますが、CASESPECIFICデータ型属性とNOT CASESPECIFICデータ型属性は、ANSI標準のTeradata拡張機能です。