16.20 - ANY/ALL/SOME数量詞とSUBQUERY構文 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Subqueryが数量詞と比較演算またはIN/NOT IN述部と共に使用される場合、結果は以下のように決定されます。

指定する数量詞 述部 結果 条件
ALL 比較演算 TRUE expressionによって戻された値セットに含まれるすべての値とsubqueryとの比較の結果が真になる場合。
IN TRUE expressionは、subqueryによって戻される値のセット内のすべての値に等しくなります。
NOT IN TRUE expressionは、subqueryによって戻される値のセット内のどの値にも等しくなりません。
ALL 比較演算 TRUE subqueryが値を返さない場合。
IN
NOT IN
ANY

SOME

比較演算 TRUE expressionによって戻された値セットに含まれる少なくとも1つの値とsubqueryとの比較が真になる場合。
IN TRUE expressionは、subqueryによって戻される値のセット内の1つ以上の値に等しくなります。
NOT IN TRUE expressionは、subqueryによって返される値のセット内の1つ以上の値に等しくなりません。
比較演算 FALSE subqueryが値を返さない場合。
IN
NOT IN