16.20 - 例: STRING_CSを使用した、クライアント文字セットの特定 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブル定義を考えます。

   CREATE TABLE SysNames
      (SysID INTEGER
      ,SysName VARCHAR(30) CHARACTER SET KANJI1);

セッションの文字セットがKANJIEBCDIC5026_0Iであるとします。以下の文は、1バイトとマルチバイトの混合文字列'<TEST >Q'をSysNamesテーブルのSysName列に挿入します。

   INSERT SysNames (101, '0E42E342C542E242E30FD8'XC);

STRING_CSを使用して文字列のエンコード化に使用されたクライアント文字セットを特定すると、以下の結果が生成されます。

   SELECT STRING_CS(SysName) FROM SysNames WHERE SysID = 101;
   String_CS(SysName)
   ------------------
                    1