引数のタイプとルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine - NULLIFZERO引数のタイプとルール。

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Published
2019年3月
Language
日本語
Last Update
2019-10-29
dita:mapPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditamap
dita:ditavalPath
ja-JP/xzf1512079057909.ditaval
dita:id
B035-1145
Product Category
Software
Teradata Vantage

argは、数値でない場合は暗黙の型変換ルールに基づいて数値に変換されます。引数を変換できない場合は、エラーが戻されます。暗黙タイプ変換の詳細は、Teradata Vantage™データ タイプおよびリテラル、B035-1143を参照してください。

argが文字列の場合、値はFLOATデータ型の数値に変換されます。

argがUDTである場合、以下のルールが適用されます。
  • 以下のいずれかの事前定義型に対する暗黙CASTがUDTになければなりません。
    • Numeric
    • Character
    • DATE
    • Interval

      UDT用の暗黙CASTを定義するには、CREATE CAST文を使用し、AS ASSIGNMENT節を指定します。詳細は、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 構文規則および例、B035-1144>を参照してください。

  • NULLIFZEROを含め、システム演算子および関数用のUDTの暗黙の型変換は、ANSI SQL規格のTeradata拡張機能です。この拡張を無効にするには、DBS制御レコードのDisableUDTImplCastForSysFuncOpフィールドをTRUEに設定します。<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。
次のタイプの引数にNULLIFZEROを適用することはできません。
  • BYTEまたはVARBYTE
  • BLOBまたはCLOB
  • CHARACTERまたはVARCHAR (サーバーの文字セットがGRAPHICの場合)