16.20 - 暗黙変換の実行対象にならないデータ型 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のテーブルに、Teradata Databaseによって暗黙的な型変換が実行されないデータ型を示します。

タイプ ルール
Byte バイト データ型は、バイト データ型とのみ比較できます。バイト タイプと別のタイプを比較しようとすると、エラーが発生します。
DateTime Teradata Databaseは、DateTimeデータ型とINTERVALデータ型の組み合わせを使用した比較演算のオペランドに対し、暗黙の型変換は実行しません。詳細については、<Teradata Vantage™データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「データ型の互換性」およびUSING句内のANSIのDateTimeとIntervalの比較を参照してください。
Interval
TIME Teradata Databaseは、比較演算でのTIMEからTIMESTAMPへ、またTIMESTAMPからTIMEへの暗黙の型変換を実行しません。
TIMESTAMP
UDT Teradata Databaseは、比較演算でのUDTに対しては暗黙の型変換を実行しません。UDT値は、同じUDT型の別の値としか比較できないからです。

UDTを他のデータ型と比較するには、明示的なデータ型変換を使用する必要があります。詳細については、<Teradata Vantage™データ タイプおよびリテラル、B035-1143>の「データ型の変換」を参照してください。