16.20 - 例: 行を割り当てるパーティションの定義 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下は、CASE_Nとtotalorders列の値を使って行の割り当て先のパーティションを定義する例です。

   CREATE TABLE orders 
    (storeid INTEGER NOT NULL
    ,productid INTEGER NOT NULL
    ,orderdate DATE FORMAT 'yyyy-mm-dd' NOT NULL
    ,totalorders INTEGER)
    PRIMARY INDEX (storeid, productid) 
     PARTITION BY CASE_N(totalorders < 100, totalorders < 1000,
                         NO CASE, UNKNOWN);

この例では、CASE_Nはtotalorders列の値に基づいて、行の割り当て先となる4つのパーティションを指定します。

パーティション番号 条件
1 totalorders列の値は100より小さい。
2 totalorders列の値は1000より小さいが、100以上である。
3 totalorders列の値は1000以上である。
4 totalorders列はNULLである。