16.20 - 集約とGROUP BY - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL文の選択リストで集約関数を使用する場合には、選択リストに含まれる他のすべての列も、集約関数によって参照されなければなりません。または、その列名がGROUP BY句に入っていなければなりません。例えば、以下の文では集約関数と選択リストに含まれる列を使用しており、列名をGROUP BY句で参照しています。

   SELECT COUNT(*), Product_ID
   FROM Sales_Table
   GROUP BY Product_ID;

これは、非GROUP BYの列参照は複数の値を戻すことができますが、集約は値を1つしか戻さないためです。