16.20 - 例: INDEXとKANJI1およびKanjiEUCの併用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL関数、演算子、式および述部

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1145-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例は、両方の引数のサーバー文字セットがKANJI1でクライアント文字セットがKanjiEUCの場合の、INDEX(string_1, string_2)の動作を示したものです。

string_1の内容 string_2の内容 結果
a b ss3 A ss3 A 3
a b ss2 B ss2 B 3
CS1_DATA A 6
a b ss2 D ss3 E ss2 F ss2 F 5
a b C ss2 D ss3 E ss2 F ss2 F 6
CS1_D mATA A 7